僕が世界の敵になった理由(わけ)。